新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺・悪質商法などにご注意ください

新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺・悪質商法などにご注意ください

公開日 2020年04月17日

国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」において、布製マスクの全戸配布が配布されます。

また、「持続化給付金」や「生活支援臨時給付金(仮称)」の給付金についても、現在準備を進めているところです。
これに伴い、全戸配布や給付金等に便乗した、次のような詐欺・悪質商法が増加するおそれがあります。

 

・布製マスクの全戸配布に便乗した送り付け商法

・行政機関、郵便局や配達業者などをかたり、布製マスク配布を理由に個人情報などを聞き出す行為(いわゆる「アポ電」)
・補助金・助成金を口実に口座番号等を聞き出す「なりすまし」   など

 

これらの支援策については、各省庁・機関のウェブサイトで最新情報を確認できます。
少しでもおかしい、あやしいと感じたときはこれらを確認するとともに、下記の相談窓口へお気軽にご相談ください。

 

相談窓口

消費者ホットライン (局番なし)188
沖縄県消費生活センター 098-863-9214

 

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」における各取り組みについて(外部サイト)

【消費者庁】新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと

 

【厚生労働省】布マスクの全戸配布に関するQ&A

 

【経済産業省】持続化給付金について

 

【総務省】生活支援臨時給付金(仮称)について