平成28年第8回定例会(12月議会)一般質問通告書

平成28年第8回定例会(12月議会)一般質問通告書

公開日 2016年12月06日

八重瀬町議会第8回定例会の一般質問が、

12月20日(火)~22日(木)行われます。

 

 

↓ 一般質問通告書のPDFデータはこちら!

 

 第8回定例会一般質問.pdf(414KB)

 

※PDFファイルの閲覧や印刷には「Adobe Reader」が必要です。

  お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

 

平成28年12月20日(火)10:00~ 一般質問 1日目(4名)

本村 繁

(1) 中央児童館建設について

屋宜原地域に中央児童館建設の敷地も決定されているが、未だに建設の情報がない

との町民の声がある。今般の世間状況から、子ども居場所整備が急がれる時期である。

よって、下記項目にて伺いします。

 

1 子ども居場所は、最近非常に重要な課題になり、国・県も推進状況にある。

  中央児童館建設を検討しているか伺いします。

 

2 中央児童館は図書室等の多目的に活用できる施設と認識しているか見解を伺いします。

 

3 子ども貧困対策として、食事提供する場所を他市町村では設置状況にあり、

  本町は検討しているか伺いします。

 

4 当初の計画の進捗状況について伺いします。

 

5 関連して、町内に中央図書館建設を検討しているか伺いします

 

(2) 地方創生について

地方創生は2014年に法律化され、国と県はまち・ひと・しごと創生を推進している。

本町はひとの項目で3万人に到達し、県内で人口伸び高率である。まち・しごと項目に疑問がある。

地方創生法33項に基づき、国の責務として地方公共団体その他の者が行う、まち・ひと・しごと

創生に関する取組のために必要となる、情報の収集及び提供、その他の支援を行う事になっている。

以上の事を踏まえ、下記項目にて伺いします。

 

1   まち創生で町内に商店街的地域の選定はしているか伺いします。

 

2   八重瀬町の合併当初にはタウンゾーン構想があった。その進捗を伺いします。

 

3 まち創生には企業誘致は必須項目である。見解を伺いします。

 

4 まち活性化には交通網整備も重要である。以前にも伺いしたが、本庁舎前を路線するバス運行に

  ついて伺いします。

 

5 しごと創生では、八重瀬町の土壌は農業に最適、若年層の農業後継者育成に傾注すべきと思料する。

  見解を伺いします。

 

6 今年2カ所の離島を訪問する機会があった。その1カ所で畑の遊休畑が少なく、若者が農業に従事して

  いる状況で感銘を受けた。遊休畑を小作の方法を推進し、農業についての町当局見解を伺いします。

 

7 当初に記述した国の責務を念頭に、今後、国・県と連携しながら地方創生推進について伺いします。

 

 

(3) スポーツ・レクリエーションの推進について  

平成28年度施政方針の記述に、町体育協会について夏季大会や陸上競技の秋季大会の参加者が年々

減少化傾向にある。今年も従来通りで陸上競技参加者が少ない。

大会を一緒に見学した町民から、現況からして今後はレクリエーション的な運動会に変更した方が良いのでは

との声があった。下記項目にて伺いします。

 

1 陸上競技でフィールド及びトラック競技に出場する選手が極端に少人数であり、この種目は選手権制に移行し、

  選出された選手は町にて強化し、地区大会・県大会に派遣してはどうか伺いします。

 

2 子どもから大人までの幅広い住民が気軽に参加してゲーム等を実施する運動会を行う自治体が存在する

  情報がある。本町もその方法へ移行を検討してはどうか伺いします。

 

3 町として陸上秋季大会の参加選手が減少傾向にあることを対策検討した事はあるか。

  また、町民の参加できる町民運動会を考慮したか伺いします。

 

4 八重瀬町全体として町民の高齢化が進み、屋外活動が減少傾向にあり、外での新鮮な空気の下で健康体操を

  実施する運動会で、町民の健康維持に可能と推測するが、町当局の見解を伺いします。

 

5 町民が活性化に結びつく機会の創設を希望しますが、見解を伺いします。

 

 

神谷 良仁

(1) AED(自動体外式除細動器)の設置について

AED設置については、過去に寄贈されたものが各施設へ設置されております。それの維持管理についてお伺いします。

 

1 年度毎に寄贈された台数と、それの設置場所についてお伺いします。

 

2 AEDの継続使用にあたっては消耗品交換等も継続されているのか、その管理については十分かお伺いします。

 

3 公民館として使用されている施設での設置状況はどのようになっているかお伺いします。

 

 

(2) 島尻消防の装備について

2004年に米軍CH53D大型輸送ヘリコプターが宜野湾市の沖縄国際大学に墜落した。事故当時、墜落したヘリに搭載して

いたストロンチウム90が飛散したとされる。市の消防隊員は事実を知らされないまま、消火活動に当たり、被ばくの危険に

さらされた。その後、地元新聞社の取材で、放射能対応の防護服の常備については、県内18消防局・本部の中で7本部で、

島尻消防本部を含めた11本部については、放射性災害に対応可能な防護服が備わっていない。

そこで次の点についてお伺いします。

 

1 島尻消防本部においても必要性があると考えますが、町の見解をお伺いします。

 

2 予算としては、沖縄振興一括交付金の活用も可能かと思われますが、町の見解をお伺いします。

 

 

(3) 西部プラザ公園について

西部プラザ公園事業の当初計画には無く、西部プラザ公園の有効活用という観点からパークゴルフ場整備計画がなされた。

平成25年度に県との変更協議を行い、26年度から実施設計に入っている。現時点の進捗状況と供用開始時期をお伺いします。

 

 

(4) 防犯灯のLED可について

町内には多くの防犯灯が設置されておりますが、まだまだ水銀灯や蛍光灯が大半を占めている。

過去の答弁では近隣市町の状況を調査しながら、あるいは一括交付金の活用ができないかも含めて検討と述べている。

CO2削減や省エネ等の観点からLEDタイプへの取り換えが、町として取り組んでいけないかをお伺いします。

 

 

照屋 直

(1) 「教育熱心」という誇りについて

6月に町内で行われた上杉県令のひ孫である邦憲氏の講演は子ども達に大きな自信を与えたと思う。

廃藩置県直後に教育熱心さを評価されたことは長く誇り伝えなければならないと考える。そこで、次のことを伺う。

 

1 字東風平にある「東風平小学校発祥の地」碑は、その存在を知らない人も多い。

  この場所に上杉県令が「学事は東風平をもって標的とせよ」と訓示したことを解説した説明板を

  設置すべきではないか。

 

2 上杉氏は、膨大な資料のある上杉博物館に謝花昇先生の資料がある可能性も話していた。

  パイプを切らさないで資料収集に協力してもらう事が重要だと思うが、見解を伺う。

 

3 米沢市は沖縄市と姉妹都市であり、そのような交流は難しいと思う。しかし、双方の小学校同士の

  姉妹校のような関係が築ければ、視野も広がると思う。取り組む考えはないか。

 

 

(2) 町役場の「気風」について

あらゆる組織には「校風」や「社風」などの「気風」がある。次の事を伺う。

 

1 八重瀬町役場の「気風」を町長はどう捉えているか。

 

2 「八重瀬町の職員の表彰に関する規則(規則第26)」の「業績表彰」は職員の士気を上げると思う。

  業績表彰されたのは何人で、規則で示されている6つの実施基準のどの項目に該当したのか。

 

3 具志頭の旧本庁舎時代の平成2712月定例会で、同僚議員の質問に対し、執行部は「月に一度、

  朝礼や朝会で職員全員を集めて町長が今どう考えているかという施策の説明と職員に対する訓令

  みたいなものを考えている」との答弁があった。

  「気風」醸成する上でとても重要だと思うが、実行しているのか。

 

 

(3) 町体育協会の法人化について

県内市町村の体育協会では市を中心に法人化が集められている。そこで次の点を伺う。

 

1 県内市町村で体育協会を法人化しているのはいくつあり、検討しているのはいくつあるか把握しているか。

 

2 法人化した体育協会はどのようなメリットがあると認識しているか。

 

3 本町には多くの体育施設があり、法人化した体協に指定管理をやってもらうことで、将来的に行政のコスト

  低減と町民のスポーツ振興が図れると考えるが具体的に検討してみるべきではないか。

 

 

金城 正保

(1) 字界変更について

去った、1017日(月)に屋宜原公民館において字屋宜原区民を対象に字界変更の説明会があったと聞いているが、

次のことを町長にお伺いする。

 

1 字民の参加者は何名だったか。

 

2 執行部の案は前回と比べて変更があったのかどうか。

 

3 字民からどのような意見があったのか。

 

4 執行部の案に字民の理解は得られたのか、どうか。

 

 

(2) ローソン役場前店(コンビニ)の県道77号線の歩道がまた損壊、補修はいつ

ローソン役所前店(コンビニ)の前の県道77号線の歩道が、点字ブロックもはぎとれ、中央部分がへこんでいたり

盛り上がっている状態で、また損壊している。老人の方や眼の不自由な方が通行できる状態ではなく、大変危険である。

早急な補修を県に要請してもらいたい

 

(3) 民泊について

民泊について次のことを町長にお伺いします。

 

1 現時点で八重瀬町には、自然体験学校系列の民泊はいくつあるか。

 

2 いまの民泊の数で修学旅行生は何人まで受け入れることができるか。

 

3 今年度の民泊利用者の予約数は何人か、また利用実績はいくらか。

 

 

(4) 観光拠点施設の敷地内の商業施設について

観光拠点施設に作る予定の農協スーパーについて、JAは採算が取れそうもないとの理由で出店をあきらめるとの話が、

あちらこちらから聞こえてくるが、出店交渉の進捗はどうなっているか。

 

 

平成28年12月21日(水)10:00~ 一般質問 2日目(4名)

神谷 たか子

(1) 子ども貧困対策について

経済的な理由で就学援助が必要な児童生徒の保護者に、小中学校でかかる費用を一部支援する就学援助制度で、

沖縄県子ども貧困対策推進交付金を活用して年間支給額の拡充が出来ないかお伺い致します。

今現在、小学生で新入学児童用品費、学用品の現行はいくらでしょうか。

又中学生で新入学児童用品費、学用品はいくらでしょうか。お伺い致します。

 

(2) 公園設備、コミュニティ、公民館設備について

 

今や公園なども色んな形で造られて来ています。公園周辺ではウォーキングをしたり、あるいは公園内で軽いストレッチ

運動をしたりたくさんの人たちが利用しているのが感じられます。

私達八重瀬町内の公園にも軽い健康ストレッチ器具や遊具などがあれば健康の一環として利用する方が増加し、

更に健康に繋がり、健康長寿にも繋がるのではないでしょうか。

又、コミュニティ、公民館広場、周辺にも軽い健康ストレッチなどを設置する事で地域の子どもたち、高齢者の憩いの場

として頂き和みの会話なども出来るのではないでしょうか。是非検討して頂きたいと思います。 

 

(3) 新しい公園施設の設備、整備について

これから伊覇県営団地が出来ます。新しく公園施設が出来る公園として遊具などが設置されると思いますが、

どんな遊具などを設置するのかお伺い致します。また今後、いくつの公園建設の予定があるのかお伺い致します。

 

 

知念 昭則

(1) 字界変更について

1 以前より問題の字界変更については誰もがわかりやすいように解決すべきと思うがどうか。

 

2 区画整理事業は伊覇・屋宜原の地権者だけの問題ではなく、一般会計からも予算が投入されていると思うが

  どれくらいの金額か。


3 
字伊覇からは役場側の換地が字伊覇ならば国道507号側については屋宜原に譲れるとの話も聞こえるが本当か。 

 

(2) 特産品開発と活用法について

1 町の特産品にはどういうのがあると考えているのか。

 

2 その生産量は各々どれくらいか。

 

各品目はどのように生かしているか。まだ、どう生かそうとしているのか。

 

(3) きれいな八重瀬町づくりについて

1 国道・県道・町道・農道などは雑草などで見苦しい時もあるがどう感じているのか。

  また、どのように対策しようと考えているのか。

 

2 不法投棄などが見られるが、どのような対策をとっているか。

 

3 花いっぱいの八重瀬町を考えたことがあるか。また、具体策も考えているか。

 

 

比屋根 陽文

(1) 町長のマニフェストについて

町長は2期目の立候補の時に、未実施のマニフェストの実現と新しいマニフェストを実行し、

八重瀬町の益々の活性化に向けて粉骨砕身、全力投球で頑張るとあるが、

仕上げの新年度予算にどの様に反映するのか次の事について伺います。

七つの基本政策は、1.教育、文化、スポーツの振興 2.児童福祉、高齢者福祉、障がい者福祉の拡充

3.農林水産業、商工業及び観光などの産業振興 4.潤いのあるまちづくり図るための社会資本や

住環境の整備 5.町民の健康づくりの推進 6.女性の社会参加と地位向上 7.町村合併して良かったと

町民が実感できる町づくりでありますが、これからの仕上げの目標を伺います。

また実現します!子供に夢を!若者に希望を!お年寄りに安心をということで10のマニフェストが

掲げられていますがまだ実現されてない項目もあるのかあれば、新年度予算や行政をどの様に

仕上げていくのか町長の見解を伺います。

 


(2) 西部プラザ公園のフェンスの破損について

西部プラザ公園のフェンスが変形しているところがあるが、見苦しいので、速やかに修理する

必要があると思われるが、破損した関係者が修理するのか、町が修理するのか伺います。

 

 

(3) 新庁舎から東風平向けの道路について

新庁舎から東風平向けの道路は去年の11月に開通予定であったが未だに開通しないのは

なぜか伺います。

 

 

神谷 清一

(1) 町民の安全確保と防災装備について

1 八重瀬町の上空から米軍や自衛隊の戦闘機やヘリコプターが頻繁に飛行しているが飛行ルートは

  決まっているのか。町に対して飛行ルートや飛行時間などの通知はあるのか。

 

2 もしなければ、今後の状況や実態の把握に努める必要があると思うがその考えはないか

  町長の見解をお聞きしたい。

 

3 新型輸送機オスプレイの配備と騒音などが問題になっているが、オスプレイは八重瀬町の上空からも

  飛行しているのか。世界各地域で起きているオスプレイの墜落事故に懸念の声があるが、

  町として何らかの安全対策はされているか。

 

4 米軍機が墜落した現場は、放射能の汚染があると消防隊も近づけない、消化できないなどの懸念が

  指摘されているが、島尻消防署では墜落事故が起きた場合の安全対策(放射能防護服や放射能測

  定器など)や訓練などはされているか。

 

 

(2) 西部プラザ公園の早期整備について

1 多くの町民からパークゴルフ場は早めに整備できないかとの声があるが、工事はいつからはじまり、

  完了予定はいつなのか、進捗状況の説明を求める。

 

2 西部プラザ公園の当初の目的、構想はどんなものだったか。その構想はまだ実現できる計画として

  整備していくのか。それとも大幅に見直しをして早期の供用開始をする考えなのか。

  全面的な供用開始時期にむけて、今後の方針と計画はどのようになっているか。 

 

  

(3) 安心・安全なまちづくりについて

1 八重瀬町内の交通事故発生件数は把握しているか。特に伊覇・屋宜原区画整理地域での人身事故などは

  何件あるか。

 

2 信号機の設置要請はどのようにされているか。

 

3 道路標識や白線・停止線などが見えにくいとの声があるが、定期的にチェックして対策をとっているか。

 

4 志多伯637番地前の道路や畑の冠水で以前に一般質問したが、整備計画はどうなっているか。

  補助事業の導入ができなければ単独予算でも工事をすすめて農作物の被害をなくし地域住民の安全を

  確保すべきではないか。

 

 

 

平成28年12月22日(金)10:00~ 一般質問 3日目(1名)

 

宮城 勝也

(1) 住民説明会について

本町が開催する住民説明会について伺う。

 

1 住民説明会を開催する意義はどのように位置づけられているか。

 

2 住民説明会を開催するに至る要件とその経緯は。

 

3 告知方法や説明内容、提供資料など、全体の運営についてどのように決まるか。

 

4 参加者数、意見のあった数など、開催目的の達成度合い等はどのように図るのか。

 

5 動画配信、議事録公開などにより参加できなかった町民への情報提供が図れると思うが、見解は。

 

(2) 観光政策について

観光拠点施設整備工事が着工され、指定管理者が決定、来年度オープン予定である。

当施設を拠点とした観光施策について伺う。

 

1  具志頭海岸一帯は、観光振興基本計画において、観光・レクリエーション地区と位置付けられているが、

  観光資源の活用、商品開発など、観光振興の取り組み状況は。

 

2  県内41市町村で観光協会等が33団体設立されている。中南部では、八重瀬町以外の市町村で設立されている。

  これまでも観光協会の立ち上げが必要であるとの議論が交わされてきたが、現在の状況は。

  また、県などが開催する会議等へはどのように参加、関わっているか。

 

関連ワード

お問い合わせ

議会事務局
TEL:098-998-2201